価格にはバラツキがある?

 

プロペシアは、AGAという男性型脱毛症の直接的な原因となる活性男性ホルモンの発生を直接抑え込んでくれる効果を得ることが期待できる医薬品です。

プロペシアは1日に1錠を服用するという形で提供されていることがほとんどで、およそ1ヶ月分が1パッケージ分となって販売されていることがほとんどです。

ですので、1ヶ月分のプロペシアであるということを前提で考えても、提供されている価格は、販売する方法などによってバラツキがあります。

安い場合は、プロペシア1パッケージあたりで1万円を切るような価格で提供されている場合もあれば、プロペシア1パッケージあたり2万円ぐらいの値段がついている場合もあります。

 

購入方法は2種類ある?

 

プロペシアの購入方法には、主に皮膚科の病院や、薄毛の症状の患者さんを専門的に受け付けているAGA病院などの医療機関で、お医者さんの診察を受けた上で、処方してもらうという方法と、医薬品を個人輸入してインターネットを利用して通信販売のサービスを提供している人が開設しているサイトにアクセスして購入するという方法の2種類の方法があります。

お医者さんに処方してもらう方法にも、個人輸入の通信販売を利用して購入する方法にも、それぞれメリットと、デメリットが存在していますので、どちらを選ぶのかを決めるためには、それぞれのメリットと、デメリットを前もって正しく知っておく必要があります。

 

病院購入のメリット・デメリット

 

プロペシアを皮膚科や、AGA病院などで、お医者さんから処方してもらうことのメリットは、何といっても、安心感があるということが挙げられます。

プロペシアを処方してもらう前に、お医者さんが、頭皮の状態を診察しますので、自分の頭皮のコンディションに一番合っている治療方法を提案してもらうことができます。

その診察の結果、プロペシアを処方する方法が一番効果的だと判断された場合は、用法や、用量についてしっかりとした説明を受けられるメリットもあります。

プロペシアをお医者さんに処方してもらうデメリットは、どうしても値段が高くなるということと、薄毛であることをお医者さんに相談するのが恥かしいということが挙げられます。

 

個人輸入のメリット・デメリット

 

プロペシアを個人輸入している人が提供しているインターネット通信販売サイトを利用して購入するメリットは、何といっても値段が安いことが挙げられます。

薄毛というあまり人に知られたくない症状を、周りの人に相談しなくても治療することができるというメリットもあります。

しかし、デメリットとして、偽者が多く出回っているということと、その偽者を見分ける手段がほとんどないことが挙げられます。

また、お医者さんから用法や、用量について詳しい説明を受けている訳ではないので、知らずに必要以上の用量のプロペシアを摂取してしまい、副作用を引き起こしてしまう可能性があるというデメリットも挙げられます。

 

AGA病院プロペシア価格比較

 

一口にAGA病院といっても、診察の内容については、非常に差があります。

例えば、一般的な皮膚科として診療を行っていて、たまたまプロペシアについても取り扱っているだけというところもあれば、AGAに限らず、あらゆる薄毛の症状の患者さんを専門的に受け入れていて、薄毛の症状に関係しない皮膚の疾患については治療を行わない代わりに、プロペシアの処方に限らず様々な、薄毛の症状を改善させる治療方法を提案してくれるところもあります。

前者は安い価格で処方していることが多く1万円を切ることがあり、後者は様々な治療方法の開発に投資しているため代金に含まれることになる診察料金も割高になるため、2万円ぐらいになる場合もあります。

 

個人輸入代行が最安?

 

確かに個人輸入代行業者を利用してプロペシアを手に入れた方が、比較的安くてに入れることができますが、5千円を切るような値段で提供している業者は偽者である可能性も高いですし、別途送料が発生することも忘れてはいけません。

そして、個人輸入代行業者はクレジット決済以外の方法を受け入れていないことも少なくありません。

そうすると、クレジットカードの番号を入力する必要があり、そのクレジットカードの番号を悪用されてしまった場合は、非常に高い買い物になることは言うまでもありません。

このように個人輸入代行業者を利用すること価格が安いこと以外にデメリットや、不安に感じる要素がたくさんあるため、あまりおすすめできません。

 

AGA病院での購入がオススメ

 

近頃は、薄毛の症状を専門的に治療を行うAGA病院でも、診療料金の低価格化が進んでいて、初診料や、診察費を無料にしているところも多くなってきています。

そうなると、むしろ個人輸入代行業者が提供している価格より安い5千円を切るような価格でプロペシアを処方しているAGA病院も登場してきています。

個人輸入代行業者で、5千円より安く提供していれば、偽者であるかどうかが心配になりますが、医療機関から処方されているのであれば、5千円より安くでも安心してプロペシアを受け取ることができます。

初診料や、診察料が無料になるからといって診察で手を抜いているのかというと決して、そういう訳ではないので、初診料や、診察料が無料のAGA病院で、プロペシアを処方してもらうのが一番オススメな方法になります。